家賃収入を得るために|マンション管理会社ランキングから人気の管理会社を探せ!

マンション管理会社ランキングから人気の管理会社を探せ!

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

家賃収入を得るために

説明

どういう物件なのか

収益物件と言うのは家賃収入を目的とした物件のことで、そのカテゴリーは大きくは住居と事務所と店舗になります。住居は個人で借りるアパートやマンションなど、事務所は会社が借り手のオフィスビル、店舗は会社が借りる店舗や倉庫のことにです。アパートなどは手頃な値段で数も多いので不動産投資に慣れていない人にもお勧めです。オフィスビルは住居と違って長く借りてくれることが多いので一度借り手がつけば安定した収入になる事が多いです。店舗は借りる店によっては閉店リスクなどもありますから立地などが重要になります。収益物件と一口に行っても色々ですから、購入する時は利回りばかりでなく立地や利便性などの条件が大切になるので事前に沢山の物件を見るのがお勧めです。

良い物件の選び方

大阪は大都市ですからオフィスや店舗や住居などの収益物件は沢山あります。大阪でも地域によってそれぞれの物件に向いている場所などがありますし、利回りも違いますから物件選びは慎重にするのが良いでしょう。大阪の収益物件の利回りは5から8パーセント位のものが多いのですが、アパートやマンションなどはオフィスや店舗などより少し利回りが低めです。表面利回りは低くても経費が少なく、空室リスクも低いので一概に住居の利益が低いとは言えない側面があります。収益物件は利便性が高くて、物件の設備や管理の良さは空室リスクが低いという傾向がある事です。大阪で収益物件を購入する時は空室リスクが低くて実質利回りが高く、価格が安い物件がお勧めです。